よくある質問

Homeよくある質問

診療日
診療日
受付時間
午前 9:00〜12:00
午後 14:30〜18:00
土曜日 9:00〜13:00
休診日
日・祝日・木午後・土午後
所在地
〒939-8071 富山市上袋358
TEL 076-422-7733

web・電話受付 診療の受付ができます

MRI 脳の健康状態が気になる方へ。

よくある質問 脳神経に関する質問にお答えします。

かみやま眼科 眼科一般・日帰り白内障手術など

qa_p01.jpg

頭痛には、大きく分けて「一次性頭痛」と
「二次性頭痛」の2種類があります。

頭痛の中にも、いろいろな種類があります。
一次性頭痛とは、「頭痛もちの頭痛」で、
片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛が一次性頭痛です。
二次性頭痛とは「原因のある頭痛」です。
中には「命にかかわる頭痛」あります。
その代表は落雷のように突然襲う「くも膜下出血」です。
今までにない頭痛や、突然の頭痛の場合は、
すぐに受診してください。

 


 

q.jpg

片頭痛とは
どのような病気でしょうか?


片頭痛は一次性頭痛(「頭痛もちの頭痛」)の代表格で、頭の片方がズキズキ脈打つように痛みます。
頭痛の前に、ギザギザの光、オーロラやモザイクのような模様が20~30分見えて、
 視界が悪くなる人がいます。これを閃輝暗点といいます。
 片頭痛はこのような「前兆のある片頭痛」と「前兆のない片頭痛」に大きく分けられます。
頭痛発作中には、前かがみの姿勢や、
 階段の昇降といった日常的な動作で痛みが増すのも特徴です。
吐き気がしたり、吐いてしまう人もいます。
多くの方は、光や音に敏感になり、発作中は部屋を暗くして、
 TVも消して寝ている状態になります。
頭痛発作は4~72時間程度続いて、自然に回復します。
「片頭痛」と書きますが、両側痛い片頭痛の方も多くいらっしゃいます。
住民調査では100人中8~9人、30~40歳代の女性に限ると5人に1人は片頭痛もちです。

 

片頭痛はとても辛い頭痛で、頭痛外来を受診されるかたの半数以上は片頭痛という統計が出ています。
 


 

q.jpg

緊張型頭痛とは
どのような病気でしょうか?


緊張型頭痛はもっとも多い頭痛のタイプであり、頭痛の3割から7割がこのタイプです。
症状は、主に後頭部中心の鈍痛で、片頭痛と異なり、発作として感じることはありません。
また、頭痛発作中には、姿勢の変化や、階段の昇降といった日常的な動作で痛みが増したり
 吐き気がして、吐いてしまう人はいません。
光や音に敏感の人もいません。片頭痛とは反対のかたちの頭痛といってよいと思います。
その多くは、その支障度は軽いものが多く、発作の回数の少ない人はある意味で
 生理的反応であるともいえます。
 たとえば、せまい航空機の座席に何時間も座らされ動けなければ、
 多くの方はこのような頭痛を発症してくるでしょう。
一方、慢性におこる。場合によっては毎日おこるこの型に分類される頭痛は
 生活の質(QOL)を大きく低下させ、高度の障害を惹き起こす深刻な疾患であり、
 しかもかたちが変わってしまった変容型片頭痛とまじわり、その鑑別すら困難となります。
そのときに生体ではうつなどの精神的要素もまざったり、
 筋肉などからの末梢性痛みの過剰や誤った入力と、
 それを受容する側の脳の変化、いわゆる中枢性感作という状態が生じて、
 慢性片頭痛や薬物乱用頭痛を生じさせてしまいます。
 


 

q.jpg

群発頭痛とは
どのような病気でしょうか?


群発頭痛は一次性頭痛(「頭痛もちの頭痛」)のなかで一番痛い頭痛です。
半年から2〜3年(平均1年)ごとに起こり、一度起こるとしばらくの間(1ヶ月〜2ヶ月)毎日続きます。
 群発頭痛という病名は、群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こるところからつけられました。
 頭痛が毎日起こる時期(群発期)以外には頭痛は起こりません。
頭痛は1日に1〜2回起こることが多く、特に就寝後1〜2時間後の夜間の
 決まった時刻に起こることが特徴です(約6割の頭痛が夜間に起こります)。
多くは一側性で、前頭部から眼窩にかけての頭痛です。
 その痛みは「目の中をドリルでえぐられるような」と表現されるほど激しい痛みで、
 15分〜3時間持続します(平均1時間持続)。
 また、頭痛側の結膜充血、流涙、鼻づまり、鼻水、まぶたの腫れなどを伴います。
群発頭痛の頻度は0.5%で、男性(男女比は5:1)に多いとされています。
 


 

q.jpg

薬物乱用頭痛とは
どのような病気でしょうか?


1ヶ月の半分以上頭痛に悩まされていて、
 週に2〜3日は頭痛薬を飲んでいる状況が3ヶ月以上続いていれば薬物乱用頭痛かもしれません。
もともとは片頭痛または緊張型頭痛をお持ちの方が、市販の頭痛薬や病院で処方された鎮痛薬、
 トリプタン、エルゴタミン製剤などを月に10日以上(単一成分の鎮痛薬では15日以上)飲むことによって、
 もともとの頭痛がひどくなる、あるいは今までとは違う頭痛が起こっていれば
 薬物乱用頭痛と考えられます。
関節リウマチの患者さんや腰痛などのために鎮痛薬を飲み続けても薬物乱用頭痛にはならず、
 もともと頭痛もちの人がなるので、何らかの素因が関係すると考えられています。
薬物乱用頭痛の患者さんは一般住民の1〜2%ほどいると考えられています。
 頭痛外来や頭痛センターでは10%以上を占め、女性の占める割合が多いです。
 


 

q.jpg

二次性頭痛とは
どのような病気でしょうか?


二次性頭痛は、原因がはっきりしている頭痛です。
原因が治れば頭痛は大幅に軽くなったり、無くなります。
二次性頭痛には生命にかかわるものがあります。
脳動脈瘤が破裂しておこる、くも膜下出血などが代表的です。
一般的に突然に起こった頭痛、生涯感じたことのない頭痛、
 意識が悪くなったり言葉や運動麻痺などが同時に起こった頭痛は
 命にかかわる可能性が高いと考えます。
 このような頭痛が起こった場合は、すぐに受診してください。
二次性頭痛の原因は、外傷、感染、脳腫瘍、自己免疫疾患など多種多彩です。
 また薬物乱用頭痛も二次性頭痛に含まれます。
二次性頭痛は原因を対処できれば治る頭痛ですから、原因を見つけ出すことが重要です。
 自分で判断することなく、まずは受診しましょう。
 


 

q.jpg

くも膜下出血は
どのような病気でしょうか?


生命にかかわる二次性頭痛の原因となる代表的な疾患です。
くも膜下出血の80%が脳動脈瘤の破裂が原因で起こります。
脳動脈瘤破裂により生じる頭痛は、「これまで経験したことのない頭痛」や
 「後頭部をハンマーで殴られたような痛み」などと表現されるような、
 我慢できない強烈な頭痛がおこります。
くも膜下出血の診断はCTスキャンもしくはMRI、また脳動脈瘤の位置は、
 MRA、3D-CTアンギオグラフィーまたは脳血管撮影で行います。
治療法としては、開頭による動脈瘤頚部クリッピング術と血管内手術による
 動脈瘤コイル塞栓術のいずれかになります。
脳動脈瘤が再出血すれば約半数の患者さんが死亡するため、再出血を予防することが重要です。
 すぐに受診してください。
そのため、くも膜下出血の適確な診断を下す上で重要なのは、
 特徴的な症状である「突然の激しい頭痛」です。
 


 

q.jpg

子どもの頭痛について
教えてください。


1子どもにも、一次性頭痛があり、各国の学校基盤の有病率は、
 片頭痛10.4%(わが国の中学生では4.8%)、緊張型頭痛13.2%です。
2外来を受診する子どもの頭痛の4分の3は片頭痛です。
 子どもの片頭痛も成人の片頭痛と同じ症状ですが、違う点は、前頭側頭部であれば両側でもよく、
 頭痛の持続時間は1~72時間(大人は4~72時間)という点です。
3小学校高学年から中学の思春期には、学校や家庭の心理社会的問題などにより、
 頭痛が慢性化することがあります。
 この場合、片頭痛のほか、慢性緊張型頭痛が加わり、難治性で、不登校に発展することもあります。
4子どもの二次性頭痛は、約4%と少ないのですが、ふらつく、物が二重に見えるなどの神経症状、
 意識障害があるときは頭部画像検査が必要です。
 血液検査や血圧測定、時に脳波検査が必要なこともあります。
 


 

q.jpg

女性の頭痛に
どのような特徴がありますか?


片頭痛、緊張型頭痛ともに、女性が男性より多いというデータが出ており、
特に片頭痛は、女性が圧倒的に多く、男性の3倍です。
女性に頭痛が多い理由は、
1女性ホルモンの影響
2遺伝的な要因
3ストレスや痛みそのものに対しての反応の違い
などが考えられています。

 

片頭痛では、その病態の原因の一つに女性ホルモンが深く関わっていると考えられています。
1初潮を迎える思春期以降、女性で片頭痛をもつ人の割合が増えます。
2片頭痛もちの女性の半数以上は、月経前や月経中、直後など、
 月経の時期に関連して片頭痛が起こります。
3大半の片頭痛もちの女性は、妊娠中と閉経後に、
 頭痛の頻度と程度が軽減するといったことが明らかになっています。
 女性ホルモンの1つである、エストロゲンの変動が、脳内のセロトニンの変動に影響し、
 痛みに過敏になることが頭痛を起こしやすくすると考えられています。
 


 

q.jpg

どのような頭痛の場合に
受診したらよいでしょうか?


頭痛は、大きく分けて、「一次性頭痛」と「二次性頭痛」の2種類があります。
二次性頭痛は、くも膜下出血、髄膜炎などの「原因があって生じる頭痛」で、
 なかには放置しておくと生命にかかわるものもあります。
原因をみつけることが大事ですので、まずは受診しましょう。

 

突然の頭痛、いつもの頭痛と様子が異なる頭痛、頻度や程度が増していく頭痛、
今まで経験したことがない頭痛、50歳以降に初めて起こった頭痛、
麻痺や歩きにくくなったりしゃべりにくくなったりするなどといった症状を伴う頭痛、
発熱や吐き気・嘔吐などを伴う頭痛は二次性頭痛が疑われますので、すぐに受診して下さい。

 

片頭痛や緊張型頭痛などの一次性頭痛も、苦痛に感じたり、日常生活に支障があれば受診しましょう。
安易に鎮痛薬を使用していると薬物乱用頭痛になってしまうこともあります。
まずは、自分の頭痛を正しく理解することが大切です。
 受診して正確な診断と正しい治療を受けるようにしましょう。